宇和島鯛めし風玉子かけご飯 宇和島鯛めし風玉子かけご飯
   
  A:材料

  1.[主役] 刺身用天然まぐろ 通常の刺身より少し薄く切り分け、
  15分程度漬けにしておく
 
  2.[漬け汁]日本酒及びミリン[煮切っておく]・醤油・ポン酢(少々)  
  3.[準主役]卵(全卵)  
  4.ご飯  
  5.[薬味野菜] 三つ葉・青ネギ・生姜・煎りごまなど  
  6.[仕上げ]わさび(小皿に適量を盛っておく)・揉み海苔  
  B:作り方
 
  1. A-2の漬け汁にA-1の切り分けた刺身用天然まぐろを15分程度漬ける。
  2. 1に溶いた全卵を加える。
  3. 大きめの飯茶碗または丼に、A-4のご飯を盛り、2を掛ける。
  4. A-5の薬味野菜などの中から、あるものや好みで、3に添える。
  5. 小皿に盛ったわさびを適宜混ぜ込み、揉み海苔を散らして食す。
 
  漬けの作り方
    日本酒、ミリン、醤油の同量を用意し混ぜ合わせて下さい。
なお、子供さんなどには、まず、日本酒とミリンを合わせて火にかけて煮切って下さい。
この場合、醤油は煮切った後の日本酒とミリンの量の半量として下さい。
さらに、ポン酢少々を加えると、風味付けになります。
マグロ角切りは短い時間で「漬け」にすると、身質が適度に閉まり風味が増します。
長く置く場合は漬け汁を水でのばして下さい。
漬ける時間が長すぎると、醤油辛くなり、身が縮み過ぎるので、ご注意下さい。
漬ける時間に応じ、醤油の量を加減したり、水を加えたりして下さい。
 
  ちょっと一言
  漬け汁に、練り胡麻(白)少々を混ぜ込んでおくと、まぐろの風味が舌の上で強調されます。赤身のまぐろでの効果は大。
  B-2の全卵を溶き込むのに追加して、卵黄を1個分足すと、さらに風味が増します。
 
 
   
 
   
  マグロレシピ一覧に戻る