第8回 まぐろの大回遊って、どこまで解る?(上)

 私が40年近くマグロ資源の研究をしてきた中で、この10年くらいの間のマグロ類の回遊について

の知見の増加は、間違いなく第一に特筆されるべき研究成果といえる。「記録型標識」の開発が、研

究を飛躍的に進めた。ICを利用した小型の電子標識の開発の結果だが、最新式のものは、標識を

マグロから切り離す時刻を放流時に予め設定することができ、決められた時刻に自動的に魚体から

切り離されて、海面に浮上し、浮上した標識から記録情報が発信され、人工衛星を経由して、位置や

遊泳水深等の詳細な情報が得られるのだ。標識を打ったマグロを、再度捕獲しなくても情報をとるこ

とができる。この標識が出来れば、ノーベル賞ものと言われた大発明である。標識が高価で衛星回

線の使用量を含めて、1本100万円位するし、装着器具の開発も、まだまだである。ほぼ1年以内

に、魚から脱落するという問題もあり、改良の余地はあるが、研究者や漁業者が長年解からなかった

回遊の実態が次々と明らかにされている。いくつかの興味ある新知見を紹介しよう。

 クロマグロが大回遊をすることは、古くから知られていたが、記録型標識により、その実態が明らか

にされてきた。大西洋のクロマグロも太平洋のクロマグロも2歳ぐらいになると大洋の横断を繰り返

す。大西洋のクロマグロについて、アメリカ東岸で放された大型魚が地中海で漁獲されることは従来

から知られてきたが、この記録型標識で、このようなクロマグロは元々地中海からアメリカ東岸へ回

遊していた可能性が強まった。つまり、米国東岸から地中海に産卵に戻っていく過程であったと思わ

れる。今のところ、地中海での記録型標識が少ないので、もっと多数を標識すれば、恐らくヨーロッパ

と米国・カナダ沿岸のクロマグロは、相当な高率で混合していることが明らかになるだろう。また、クロ

マグロが1000m近く潜ることが解かってきた。漁業者の中で記録型標識の情報が入る以前にこの

ことを言っていた人がいたが、私も含めて、信用しない研究者が多かったのは、浅はかであったと反

省すべきであろう。