第5回 「庭師のおじさん」

 WCPFC(中西部太平洋マグロ委員会)は、中国が建物を寄贈してくれ、ミクロネシアが土地を無料で貸し

てくれたおかげで、世界に5つある国際マグロ委員会の中で唯一、自前の事務局をもっている。

 ほかの4つの事務局はどれも、他の機関の建物に間借りなどしているが、WCPFCの事務局は、一戸建て

のビルで、十分なオフィススペースがあり、敷地内には車庫や広い庭がある。現在、オープンエアタイプの

多目的ホールが敷地内に建設中で、もうすぐ完成する。

 私がこの事務局に来たときは、まだフェンスはなく、敷地内は雑草が生えていた。ところが、今年は構内の

植物や花が見違えるようにきれいに管理されている。これは、昨年から地元のシシリオというおじさんが、

庭の手入れを始めたからである。年は聞いてないが、60歳くらいで白いあごひげを生やし、がっしりとした

体型をしている。彼は毎日やって来て、植物の植え付けや手入れを熱心にやっている。このおじさんは、ハ

ワイで果樹や果物の栽培の仕事をしていたことがあるそうで、当地の植物の事をいろいろと教えてくれた

ので、皆さんに紹介したい。

 まずはマンゴーのこと。マンゴーは20メートル近くになる大木であり、ウルシ科の植物なので、マンゴーの

実を食べるとかぶれる人もいる。種類が多いが、当地のマンゴーは小さくて、繊維が多く上等ではない。そ

れでも、今年は豊作のようで、マーケットでよく見かける。

 出張したフィリピンで大きくて素晴らしい味のマンゴーを食べたので、そのマンゴーの種をシシリオおじさん

に渡して、構内に植えてもらった。実がなるかもしれないが、こちらにはあと2年しか来ないから、残念ながら

それを見ることはできない。

 次にパパイヤであるが、パパイヤは雌雄異株で、最初は気がつかなかったが、シシリオおじさんから、オ

スの木とメスの木があることを教わった。実のなるのは当然メスの木である。以前、日本のわが家の庭に、

食べたあとのパパイヤの種をまいたら芽が出てきて、そのうちの1本が花をつけたので、大喜びをしたこと

がある。だが、しょせんは1本だけでは、実はならないものである事がわかった。

 こちらでも、沖縄のように、果物としても、野菜としても食べる。近くのレストランのパパイヤのピクルス風

サラダは、皮をはいで、細かい薄切りにして、ニンニクを加えてありとても美味である。

 パンノキは、マンゴーほどではないが、かなり樹高が高くなり、10メートル以上には楽々成長する。パンノ

キの実は大変有用な食料となるので、熱帯域では世界的に食べられているが、パンとはまるきり類似点が

ない。パンのように有用な事から西洋人がブレッドフルーツ(パンの果物)と命名したのだろうか? 

 この植物は、葉っぱも切れ込みがきれいであるので、日本でも観葉植物として売られている。おじさんに

よると、こちらでは人間も食べるが、豚の餌にもするらしい。とにかく安くて何にでも料理できる優れた植物

である。

 青いうちに採って少し軟らかくなるまで追熟させるのが普通だが、硬めの時はジャガイモ、軟らかく熟すと

サトイモのような感触と味になる。和風の煮物にもなるし、ポテトサラダの代用にもなり、もちろん、熟れた甘

いものはココナツと茹(ゆ)でてデザートにもなる。スライスして油で揚げてチップにしてもいい。

 バナナのことは先にお話したので、詳しくは書かないでおく。バナナも数本構内にあるが、一回実がなる

と、もうその枝からはならないから切り倒し、根元から新しい芽が出るから、それを育てる。半年で実がなる

そうで、パパイヤ並の早さで成長する。

 ミクロネシアでは見かけないが、東南アジアでは、バナナの木(草)の先の軟らかいところは、刻んだり、ス

ライスして、野菜のように食べるし、バナナの房の先についている紫色の大きな雄花も食用となり、マーケッ

トなどで売られているのを見かける。

 構内には、サトイモのお化けのような大きな葉をしたイモが生えている。クワズイモの類らしいが、若い

葉っぱは、何ともおいしそうだし、ハワイで多分食べたことがあると思うので、食えるかとおじさんに聞いた

ら、食えないという。ところが、サモア人でWCPFCのITマネージャーに聞いたら、サモアでは食べているとい

うので、試しに軽く茹でて食べてみたら、うまいのではあるが、口の中がしびれる感じがするので、食べるの

はあきらめた。

 構内の花もきれいであるが、雨と太陽が交互にくるから、とにかく成長が早い。おじさんは木バサミを持っ

て飛び回る事になる。彼が苦労して移植した木性の羊歯(しだ)の人の背丈より大きくなるヘゴノキが茂れ

ば、ハイビスカスやブーゲンビリアなどの花に映えて、事務局もハイカラな感じになると期待している。

(つづく)

きれいに整備された事務局の庭。