「マグロ消費国No.1日本の苦悩と努力」 山内 大輔 さん(東京都在住 学生)

私は正直な話、近年囁かれているマグロが食卓から消えてしまうという問題にはそれほど

関心がなかった。

マグロの刺身やお寿司などは日本人の大好物で実際私も大好きだ。また外国でとれたマグ

ロを取引する国も日本がメインという事もあった。

そのような所から日本人しか食べないという観念が働いていて日本の食卓から消えるとい

う実感がわかなかった。

しかし、近年様々な問題があり実際私たちの食卓を脅かしていた。それは原油高や海外で

もマグロの需要の拡大していること、漁獲量の減少、など様々な問題が絡み合っているの

だ。

その様な中で私が一番関心を抱いた事は、そんな日本の食卓からマグロを消させないよう

に努めている様々な人の働きだ。

実際私は「海外からの輸入マグロがあるだろう」とか「養殖でできるのだから大丈夫」な

ど安易な考えだった。

しかしその影には日本の漁師の沢山の苦悩や完全養殖に必死に取り組む姿などを見聞きし

安易な考えではいられないと感じた。

マグロという魚はでかい魚体なのだがデリケートで、延縄などで釣り上げてもすぐに血抜

きなどの作業をしてマグロの体温が上がらないようにして、最高の状態で市場に出せるよ

うにしている。

それによって有名な大間や戸井の極上のマグロをおいしく私たちは食べる事ができるのだ。

また完全養殖の難しさである。近畿大の水産研究所の研究員の方々の何十年にも及ぶ努力

の結果で成しえた事で、ちょっとした環境の変化で死んでしまうマグロとの格闘を一つ一

つ困難を乗り越えて何十年もの時間をかけて達成したのだ。

マグロを食べられることはそうした方達の努力と知恵の賜物なのかもしれないと最近ふと

考える。

そうした方達が必死に私たちの家庭にマグロを提供してくれていると感じたら今私達が食

べているマグロが一段と美味しく感じれることは間違いない。