「私とマグロ」 山根 則幸 さん(栃木県在住 団体職員)

 本州の西の端の漁師町で育った私にとって、魚といえば、春のサヨリやメバル。夏は、

烏賊、イサキに太刀魚。秋は秋刀魚そして冬には鰈、寒鰤など東シナ海で獲れる“青物”

といわれるものが多く、市場に並ぶ魚で季節を感じていた。漁船のエンジン音、市場のせ

り声や喧騒感は故郷の味覚と雰囲気として私の脳裏に残っている。

 そんな私が魚界の大スターであるマグロを初めて口にしたのは、母が作った照り焼きだ

った。母曰く「魚の豊富なこの街では刺身にするのは地元産。一度冷凍されたマグロには

食べ方があるのだ。」と主張して料理し、まれにしか我が家の食卓に並ぶことは無く、私

にとって、"優雅で複雑な味わい"の特別な魚であった。その後関東地方に住み着いた今、

魚といえば“マグロの刺身”という環境にいる。キハダ、メバチ等の種類を覚え、赤身、

トロやカマの部位を分かったような顔をして食べ、果ては大間産がどうだとか、インド洋

産がどうだと生意気なことばかりを言って食べている。刺身やすしだけでなく、ぶつ切り

にして葱と醤油で炊き上げるネギマもなかなかの味だと言い、今ではすっかりマグロのフ

ァンになっている。

 日本人はマグロの利用が上手いといわれている。また、最近ではヘルシーな日本料理と

して海外でも注目され多くの国で消費が増大してきている。しかし、マグロを巡る諸問題

がニュースになってもいる。船の性能の発達、漁法の技術革新、冷凍技術の進歩がマグロ

を普及させ、身近な魚として日本独特のマグロ文化ができた。しかし、日本人を取り巻く

マグロの状況は明るくはなさそうだ。マグロが復元力を残しているうちに消費を改め資源

の保護を考えなければ取り返しのつかないことになるのでは?と関心を持っている。

 冬を迎える季節の移ろいの中で、マグロの思い出とネギマの匂いに愛しさを感じながら、

今日もマグロに箸を伸ばしている。