『山は富士、魚はマグロ、家庭の魚食力をつけよう』


〜〜回答編〜〜

質 問

旅行先の魚市場や直売所で買った魚や干物を、簡易な保冷バックで持ち帰る際の持ち帰り方、注意点を教えて。

回 答

暦の上ではもう秋なのに、暑い日が続くねえ。サカナも人間も茹だっちまうなあ。
本来ならばサカナは、店頭で売られているときには冷えているわけだから、まっすぐ家に帰るのであれば、パックやビニール袋に入ったのを新聞紙で包んでカバンに突っ込んで持って帰ればいいんだけれど、こう暑くては、いささか心配。かといって、発泡スチロールやクーラーを持ち歩くのはたいへん。

そこで登場するのが「保冷バック」だ。最近はいろんな色、デザイン、洒落たものもできている。お好きなものを買えばいいけれど、選ぶポイントは、まず厚手のもの。そしてしっかり口を閉じられるもの、の二点をチェック。あとは買う魚の大きさや量に合わせて選べばいい。

家からサカナを買いに行くときに用意すべきは、その保冷バックと、新聞紙1回分、凍った保冷剤を適宜。もし保冷剤がない場合には、ほかの冷凍食品を買って代用してもいいし、最近では、レジを出たところに無料で氷を詰められるので、これを別途ビニール袋に詰めて口を縛って使ってもいい。旅行先であれば、魚の上と下に両方に保冷剤があったほうがいいから、すこし多めに用意されたし。

さて、裸のサカナを丸ごと買ったら、ビニール袋に入れて空気を抜き口を縛る。紙に包んだ干物なんかはそのままでいい。
新聞紙を二つに分けて、交差するように保冷バッグに押し込む。つまり、保冷バッグの中に新聞紙の器ができたようなカンジ。こうしておかないと、保冷剤の冷たさで保冷バックの外側に結露してしまうし、それが冷気の逃げる原因にもなるというわけ。

この新聞紙の器の底に保冷剤を一個置く。その上からサカナを入れて、その上に保冷剤を一個。つまり、保冷剤ではさんでやるわけだ。そして、この先が肝心。新聞紙をかぶせて蓋をしてやるのだが、けしてギュウギュウに包まないこと。天井さえカバーできればそれで。というのは、保冷剤とサカナの間に空気が入っていてこそ、ちゃんと全体が冷えてくれるのだから。冷蔵庫でもそうでしょ?いろいろ詰めすぎた冷蔵庫は冷気が回りにくいから冷えてくれない。

そして最後にバックのジッパーを締めて完了、家路を急ぐのみ。直射日光が当たらないよう、また、冬の電車や車中なら暖房が当たらないよう、気をつけてね〜。
そして帰ったら、速やかに下処理して冷蔵庫へ、ヨロシク。