エクアドル・責任あるまぐろ漁業推進協会(FUNDATUNA)がOPRTに入会


OPRTは、2月2日(月)理事会を開き「エクアドル・責任あるまぐろ漁業推進協会 (FUNDATUNA)」
の入会申請を審議し、正会員としての入会を承認した。

FUNDATUNAは、所属漁業者3社、大型冷凍遠洋まぐろ延縄漁船5隻を有し、677トンの対日
輸出実績(2003年1〜10月)がある。

この結果、 OPRTの正会貴は16団体、登録漁船隻数は、1,460隻となり世界の大型まぐろ延縄
漁船のほとんどがOPRTに登録された。

この結果についてOPRT佐野会長は以下のとおり述ぺた。

エクアドルのまぐろ延縄漁業団体が、新たに加入したことは

@責任あるまぐろ漁業を推進する意義を認め、まぐろ資源の健全かつ持続的利用のために共に
 努力する仲間が、中南米で誕生したことは喜ばしい。

A最近、まぐろ延縄漁業を反商業漁業運動の焦点にすえ、いわれなき非難を行っている米国を
 中心とする似非環境保護団体の運動に対抗するためにも新たな仲問が増えたことは心強い。

 


                                                        以上
OPRT通信 (平成16年2月3日)

 

[戻る]