サメ類保存は、FAOのワークショップで

          
  -- ワシントン条約(CITES)第13回締約国会議 --


平成16年10月2日〜14日の間、バンコク(タイ)で、ワシントン条約(CITES)第13回締約国会議が
開催され、以下の決定がなされました。(全締約国中152ヶ国、国際機関、NGOなどが参加)

1.サメ類関係

I. サメ類保存に関する決定
 サメ類の保存・管理は、CITESではなく、漁業専門機関であるFAO(国連食料農業機関) が行うべきとの
 日本の主張が支持され、FAOの主催によるサメ類管理のワークショップの開催を求める案が採択された。

II.ホホジロサメ
 日本は、資源量の評価が行われておらず、国際取引がホホジロザメに影響を及ぼしていると結論付ける
  ことはできないと主張し、反対したが、付属書IIに掲載が可決された。


1.常設委員会アジア地域代表
 日本と中国が選出された。(マレーシア 留任)
 (常設委員会:会議期間中の条約の運営を司る。)



                                                           以上
OPRT通信 (平成16年 10月 21日)

 

[戻る]