蓄養マグロに貿易管埋措置
         
  
         --- 正規許可船リスト対策の対象にミナミマグロも ---


経済産業省と水産庁は11月30日、主要輸入商社に対してクロマグロ正規蓄養場リスト対策及び
ミナミマグロ正規許可船リスト対策の実施(要旨下記)について説明会を開催しました。

平成16年12月22日から、実施される措置は以下のとおり

1) 蓄養マグロ
大西洋及び地中海で生産された蓄養マグロは、ICCAT(大西洋マグロ類保存委員会)に登録された
蓄養場で生産されたもののみが国際取引の対象として許可されることとなった。

2) ミナミマグロ

CCSBT(ミナミマグロ保存条約委員会)に登録された正規船のミナミマグロのみが国際取引の対象
として許可されることとなった。

 


                                                        以上
OPRT通信 (平成16年 12月 3日)

 

[戻る]