中国マグロはえ縄漁船を113隻に抑制

             -- 日・中マグロ漁業協議 --


日中政府間協議が、1月28日(金)東京で開催され、中国側は、大型マグロはえ縄漁船
の隻数を今後5年間113隻に抑えると同時に、今後、増隻を行う場合は、総隻数を増やさ
ないようにするため、(社)責任あるまぐろ漁業推進機構(OPRT)の枠内の調整により行う
ことを約束した。

中国は、国家計画で200隻を超える増隻を掲げていた。日本は、国際資源管理強化の中
でかかる増隻は国際的に認められるものではないと再三申し入れ、抑制を求めてきたが、
今回の協議により決着した。

中国はインド洋で、100トン級のマグロ漁船38隻をスクラップすることも明らかにした。

 

 


                                                   以上
OPRT通信 (平成17年 2月 14日)

 

[戻る]