台湾まき網漁船・延縄漁船の過剰漁獲早急に解決を!!
          
−WCPFC非公式協議−
         
                      

9月8日〜9日東京において23カ国・地域が参加し、WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)
非公式協議が開催された。

日本政府は、過去のWCPFC漁獲能力抑制決議に反して台湾のまき網漁船・延縄漁船が
増大していることを示し、これを早急に解決すべきであると指摘した。

この結果、過去の決議に反して自国民が過剰漁獲能力を生じさせたメンバーは漁獲能力を
削減する必要があることが確認され、これを第2回年次会合(本年12月予定)の前にメンバー
に促すこととされた。


                                                    以上
OPRT通信 (平成17年 9月 16日)

 

[戻る]