漁獲能力削減・IUU漁業廃絶へ更に努力 −FAO水産委員会

FAO(国連食料農業機関)水産委員会が3月2日から6日まで、ローマで開催。約110ヵ国、多数の
国際機関等が出席。国際行動計画の進捗状況を確認、今後2年間の取り組みの方向等検討。特に、

過剰漁獲能力の削減対策、IUU(違法・無報告・無規制)漁業については、更なる取り組みの必要が
確認された。


                                                         以上

                                     


OPRT通信 (平成21年 3月10日)

 

[戻る]