マグロ延縄漁船減船 87隻確定

水産庁は3月19日、87隻(遠洋64隻、近海23隻)のマグロ延縄漁船の減船を認定。認定船は
3月末までに廃業届けを提出し、操業を打ち切る。減船は、大西洋、中西部太平洋での漁獲枠削

減に対応するもの。減船の結果、刺身マグロ供給量は約2万トン減少と見込まれる。


                                                         以上

                                     


OPRT通信 (平成21年 3月25日)

 

[戻る]