平成20年度食料自給率 魚介類は62%(カロリーベース)で前年同

平成20年度の国内消費仕向け量は715万4千トン。(前年から11万4千トン減)昨年前半の燃油
高騰、秋からの世界的な不況などで、魚介類の国内生産、輸入、輸出とも減少したため、自給率は

62%で前年と変わらず。
(参考)畜産物:68%(輸入飼料による生産部分を除くと17%)、大豆:29%、野菜:79%、米:96%


                                                          以上

                                     


OPRT通信 (平成21年 8月13日)

 

[戻る]