北太平洋クロマグロ 02−04年水準に抑制 合意

9月7日から10日まで、長崎市で開催された中世部太平洋マグロ塁委員会(WCPFC)
北小委員会で2010年において、クロマグロを漁獲する努力量を2002−2004年水準に

抑制することが合意された。また、0−3才の若齢魚の漁獲を減少させることを考慮する
ことも決まった。(韓国は来年自国のクロマグロ漁業について報告することを条件に韓国の

排他的経済水域内は適用除外)12月の予定のWCPFC年次会合で採択の予定。

                                               以上

                                     


OPRT通信 (平成21年 9月11日)

 

[戻る]