大西洋クロマグロ 取引禁止(モナコ提案)にEC暫定支持

EU(欧州連合)の執行機関のECは、大西洋クロマグロをワシントン条約(CITES)の
付属書1(国際取引の禁止)に掲載を求めるモナコ提案を暫定的に支持すると決定。

資源状態に関する最新の科学的情報、ICCATの年次会合(11月)の結果等を考慮
して、 最終的な立場を決定する。日本は、大西洋クロマグロは絶滅の危機に瀕しては

いないとし、モナコ提案に反対している。

                                               以上

                                     


OPRT通信 (平成21年 9月17日)

 

[戻る]