大西洋クロマグロ モナコが禁輸を正式提案

モナコは、10月14日、大西洋クロマグロのワシントン条約(CITES)付属書1への掲載を
正式に提案。来年3月のCITES会議で議題となることが決まった。日本はモナコ案に反対。

11月開催のICCAT(大西洋まぐろ類保存委員会)で、加盟国が漁獲規制の強化に合意し、
管理措置を着実に実施すれば、禁輸する妥当性は無いと主張している。(大西洋クロマグロ

の総漁獲量 3.3万トン 日本はその内2.9万トンを輸入。2006年貿易統計)

                                               以上

                                     


OPRT通信 (平成21年10月16日)

 

[戻る]