大西洋クロマグロ 貿易禁止 FAO(国連食料農業機関)は勧告せず

12月7日から12日まで開催されたFAOの専門家会合で、大西洋クロマグロの貿易禁止提案(明年3月
ワシントン条約会議で審議予定)は、多数の支持があったが、反対意見もあり合意に達せず、勧告は

見送られた。会合には、15カ国から22名の専門家が参加した。

                                                             以上

                                     


OPRT通信 (平成21年12月17日)

 

[戻る]