日本近海カツオ・5年連続不漁ー 中西部太平洋資源全体に問題か?

日本近海のカツオの不漁に懸念が強まっている。遠洋リサーチ&トピックス 2009年11月号で 遠洋
水産研究所・小倉未基氏は、「不漁について検討をすすめる必要がある」としつつ、「カツオの分布の中心

である熱帯域の資源が少なかった等の問題は示唆されていない。熱帯域の不漁の情報も無い。現在の
ところ、日本近海の不漁は、中西部資源全体に問題が有るのではなく、熱帯域から日本近海へ北上回遊

する資源の割合を左右する海洋環境に不利な条件あったのではないかと考える」と報告。また、適正な
資源評価のために、漁業関係者の漁獲情報の提供等の協力を求めた。

                                                             以上

                                     


OPRT通信 (平成21年12月24日)

 

[戻る]