大西洋クロマグロ CITES付属書掲載 判定に疑問 −科学者の目

2月25日開催のOPRTセミナーで、中野秀樹 遠洋水産研究所部長が、ワシントン条約
(CITES)の判定 基準に照らして大西洋クロマグロの付属書1への掲載(国際取引禁止と

なる)提案は疑問との見方(以下)を明らかにした。
「判定基準は、@生息域の減少A絶対数の減少B減少率。大西洋クロマグロは広く分布

している。親魚は約10万トン(尾数換算2万尾)と推定されており、@ Aの基準に適さない。
Bについては、初期資源の15%以下に減少と基準に適合するが、漁獲量を削減し、資源

回復をICCATが図ることとしていることを考慮すべきである。」


                                                以上

                                     


OPRT通信 (平成22年 3月 3日)

 

[戻る]