太平洋クロマグロ 小型化 資源状況悪化ー三重大が調査

日本が70%超を漁獲している太平洋クロマグロ(うち約55%がまき網)は、産卵能力のある
大型魚が減少等、資源状況が悪化しているとの分析結果を三重大研究者がまとめた。

1980年代は100−160キロあった平均体重が最近は50キロに減少と指摘。


                                                      以上

                                     


OPRT通信 (平成22年 5月12日)

 

[戻る]