インド洋メバチ「横ばい」、カツオ低調 水研センターが「国際漁業資源の現況」を公表

 (独)水産総合研究センターは、各国の漁獲動向・生態学的特性・資源評価結果等をまとめ平成21年度「国際漁業資源の現況」として公表。(現況図・・下記参照)
インド洋メバチの資源評価を前年度の「減少」から「横ばい」に変更。
資源減少が懸念されている日本近海のカツオ漁は全般的に低調であったと報告。

詳細、水研センターホームページttp://kokushi.job.affrc.go.jp/

 マグロ資源の現況  
魚 種 
海 域 
水 準 
動 向 
クロマグロ 太平洋 中位 横ばい
大西洋クロマグロ  東大西洋  低位 減少 
西大西洋 低位  横ばい
ビンナガ  北太平洋 高位  横ばい
南太平洋 高位  減少
インド洋 中位  横ばい
北大西洋 低位  増加 
南大西洋 中位  減少
キハダ 東部太平洋 中位  横ばい
中西部太平洋 中位  横ばい
インド洋 中位  減少
大西洋 中位  横ばい
メバチ  東部太平洋 低位 横ばい
中西部太平洋 中位  減少
インド洋 中位  横ばい
大西洋 低位 横ばい
ミナミマグロ 全水域 低位 横ばい
カツオ 中西部太平洋 高位 増加


                                                      以上


OPRT通信 (平成22年 7月20日)

 

[戻る]