タイ・ツナ缶輸出 史上最高

タイの貿易統計によれば、今年上半期(1-6月)のタイのマグロ・カツオ缶輸出数量は、前年比19%
増の266,673トンと史上最高を更新。輸出先は、北米最大相手国の米国が26%増(59,828トン)、

豪州38%増(20,640トン)。中東ではエジプト81%増(25,247トン)と米国に次いで2位に急浮上。
サウジアラビア70%増(11,970トン)チュニジア92%増(3,302トン)と急増国が目立つ。

原料輸入ではカツオが8%増の349,249トンと史上最高を更新。(日刊水産通信7月29日)
(注:缶詰原料用のマグロ・カツオは、まき網によって漁獲されている。)


                                                      以上


OPRT通信 (平成22年 8月 5日)

 

[戻る]