まき網漁船によるマグロ乱獲の即時中止を! 農水大臣に4万人署名提出

9月6日、マグロを扱う全国の仲卸業者などの4団体(全国水産物卸組合連合会、六大都市鮪卸協議会、
関東地区大物業界連合会、東京築地魚市場大物業会)は、山田正彦農林水産大臣に面会し、「海外の

大型まき網による小型メバチ、キハダの乱獲の中止、日本近海のマグロ類の幼魚及び産卵期のマグロの
乱獲の防止」を陳情。マグロの生産者から流通関係者約4万人の署名も提出した。


                                                      以上


OPRT通信 (平成22年 9月 8日)

 

[戻る]