日本海でクロマグロ稚魚採集に成功

水産庁と水産総合研究センターは、8月16日から、日本海でクロマグロの仔稚魚分布調査を実施。
その結果、能登半島の北沖から佐渡島の北沖で孵化後1−2ヶ月と推定される体長4cm−12cmの

クロマグロ稚魚19固体の採集に成功。これまで日本海での採集例は少なく、分布や成長、生残等
の生態は不明だった。水産庁は、この成果を踏まえ、クロマグロ資源の動向を早期に把握する手法

の開発・資源管理方策の策定に役立てるとしている。


                                                      以上


OPRT通信 (平成22年 9月16日)

 

[戻る]