東部太平洋メバチ・キハダ 漁獲規制 継続へ

9月22日から10月1日まで、アンチィグァ(グアテマラ)で開催されたIATTC(全米熱帯まぐろ類
委員会)の年次会合は、2010年のメバチ・キハダの保存管理措置(まき網漁業ー62日間全面

禁漁、沖合特定区禁漁 1か月 はえ縄漁業ー2007年メバチ漁獲枠の5%減)を、2011年ー
2013年に継続実施を決定。

クロマグロ管理措置の導入については、メキシコが管理基準の漁獲量に不合意。継続審議となった。

(2008年 東部太平洋の漁獲状況   IATTC資料)
メバチ
100,664
トン
まき網
75,040
 
はえ縄
25,624
  (内 日本 14,785)
キハダ
191,809
トン
まき網
185,087
はえ縄
6,722
  (内 日本 5,312)


                                                      以上


OPRT通信 (平成22年10月 6日)

 

[戻る]