大西洋クロマグロ 漁獲枠削減案 EU内 合意不成立

10月26日、開催されたEU農業・漁業相理事会で、来年の東大西洋クロマグロの漁獲枠を
現行の13,500トンから6,000トンに削減する案を審議。フランス、イタリーなどが反対。

ICCAT年次会合(11月17日から)に向けたEUの立場は決定しなかった。


                                                      以上


OPRT通信 (平成22年10月28日)

 

[戻る]