大西洋クロマグロ 漁獲枠 微減で決着

11月19日から27日まで、パリで開催されたICCAT(大西洋まぐろ類保存国際委員会)で、東大西洋
クロマグロの総枠は、2011年ー13年の3年間、12,900トン/年(2010年は13,500トン)へ。

西大西洋クロマグロは、2011年ー12年の2年間、1、750トン(2010年 1,800トン)へ減少決定。
規制遵守しない国の制裁(操業禁止、枠削減)体制も決まった。

                                                        以上


OPRT通信 (平成22年11月29日)

 

[戻る]