マグロやカツオの押し売り被害 増加


自宅に訪れた販売業者にマグロやカツオ等を強引に買わされた被害相談が、東北以北を中心に
増えている。狙われているのは高齢者・女性が多い。「味見をしただけでべらぼうに高い価格を

要求され、断ったら庖丁でまな板を叩かれ、怖くなって購入した」などの相談が(独)国民生活
センターに寄せられており、注意を呼びかけている。

(水産経済新聞 1月27日から)


                                                      以上


OPRT通信 (平成23年 1月28日)

 

[戻る]