大型まき網漁船の漁獲能力管理に前進


第3回マグロ類地域漁業管理機関(RFMOs)合同会合【KOBEV】が7月12日〜14日、ラホヤ(米国)で
開催された。

懸案の過剰漁獲能力問題について、日本の提案(@先進漁業国は大型まき網漁船の漁獲能力を凍結、
A各RFMOは過剰な漁獲能力の削減を先進漁業国から沿岸途上国への漁獲能力移転の方法について
検討)が採択された。

会議の模様は(写真で見るOPRTの活動)をクリック



                                                          以上


OPRT通信 (平成23年 8月 3日)

 

[戻る]