7-9月 マグロ需給見通し 供給量やや減少 価格増加


平成23年7-9月の刺身マグロの需給動向と見通し(8月30日水産庁発表)は、前年に比して、
供給量はやや減少(3−10%)卸売り価格は強含み(11−20%上昇)



                                                          以上


OPRT通信 (平成23年 9月 2日)

 

[戻る]