メバチ・キハダ 管理措置 議論まとまらず−中西部太平洋


第8回中西部太平洋まぐろ類委員会の年次会合は、議論が紛糾。結果、2012年度の
資源管理措置まとまらず、現行措置(まき網集魚装置−FADs−使用操業の3カ月間禁止、

はえ縄のメバチ・キハダ漁獲量規制=メバチは2001年−2004年レベルの30%減、キハダは
同期間の平均値より増やさない)を一年間延長とした。WCPFCの管理能力に疑問符がついた。



                                               以上
OPRT通信 (平成24年 4月 6日)

 

[戻る]