三崎港マグロ水揚げ減少止まらず


首都圏に最も近い遠洋マグロ漁船の基地三浦市。
同市の三崎水産物地方卸売市場管理事務所が5月11日に公表した「平成23年水揚高統計」
によれば、メバチの水揚げ量が
平成14年 21,651トン(804円/kg)
平成23年 10,613トン(1,067円/kg)
10年間で半減。
一方、メバチの魚価は右肩上がりで、水揚げ量減少が魚価の上昇をもたらしているようだ。



                                               以上
OPRT通信 (平成24年 5月24日)

 

[戻る]