東部太平洋くろまぐろ 初の漁獲枠設定


IATTC(全米熱帯まぐろ類委員会)は、これまで管理措置の無かった、東部太平洋の
クロマグロについて、初めて2012年、2013年の2年間の合計で10,000トンの漁獲枠を設定。
6月25日から29日、ラホヤ(米国)で開催された年次会合で決定した。

2013年のメバチ・キハダの保存管理措置は、現行措置(まき網漁業 62日間の全面禁漁。
沖合特定区での1ヶ月間禁漁。はえ縄漁業 2007年のメバチ漁獲枠の5%削減)継続も決定。



                                               以上
OPRT通信 (平成24年 7月12日)

 

[戻る]