東大西洋クロマグロ 回復 増枠へ


11月12日から19日までモロッコで開催されていた大西洋まぐろ類保存委員会(ICCAT)は、
東大西洋クロマグロ資源について、回復傾向にあることから、2013年の総漁獲可能量を

500トン増やし、13,400トン(うち日本への割り当て枠 1,139.55トン)とした。
西大西洋クロマグロ資源は、現在の1,750トン(うち日本枠301.64トン)を維持した。



                                               以上
OPRT通信 (平成24年11月21日)

 

[戻る]