中西部太平洋メバチ回復へWCPFCに要望


OPRTは、7月19日 WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)グレン・ハリー事務局長に
メバチ資源の回復を図るよう要請する書簡を送付した。 

WCPFCは8月27日から30日まで東京で、資源回復計画を作成する作業部会を行う。
OPRTは6月27日、国内外の会員の参集を求め、意見交換。
その結果に基づき、このWCPFCの計画に以下の点を盛り込むよう要請したもの。

1.大型まき網漁船の隻数制限
2.小型はえ縄漁船の漁獲能力抑制
3.VDS(隻日数による漁獲管理)方式の見直し



                                               以上
OPRT通信 (平成25年7月25日)

 

[戻る]