中西部太平洋メバチ過剰漁獲解決へ向けて 作業部会開催


WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)は、8月27日から30日、東京で、
2014年から2017年まで実施する資源管理計画案を作成する作業部会を開催。

過剰漁獲の解決が急務となっているメバチ、若年魚の漁獲が懸念されているキハダを
中心に、協議が行われた。

策定された計画案は12月に予定されている年次会議で採択を目指す。
(会議状況 写真で見るOPRTの活動 ここをクリック)



                                                      以上
OPRT通信 (平成25年9月5日)

 

 

[戻る]