ミナミマグロ漁獲枠 増加へ


ミナミマグロ保存委員会は、10月14日から17日まで、アデレード(豪州)で年次会合を開催。
科学委員会の勧告を踏まえ、漁獲枠の増加を決定した。

総漁獲枠は、2014年12,449トン、2015−17年、14,647トン年。
うち日本は3,361トン、4,737トン。

(各国の漁獲枠はここをクリック)



                                               以上

OPRT通信 (平成25年10月24日)

[戻る]