マグロにビタミンK発見


ビンチョウマグロにビタミンKが含まれていることが解った。これまで、魚類には含まれていないとされていた。
ビタミンKは骨粗鬆などの予防に効果あるとされている。

発表した株式会社TAFF(静岡県清水市 伊東芳則社長)は、 農林水産省の「緑と水の環境技術革命プロジェクト」に
採用された研究で発見。これで、マグロのスーパーパワーぶりがさらに明らかになったとしている。



                                                            以上
OPRT通信 (平成26年3月6日)

 

[戻る]