まぐろ漁業ってなに?  一口メモ




漁労長とは?

遠洋マグロ延縄漁船では、船長が航海事務や外国出入国の渉外担当に当り、漁労に関する全責任を握っているのが漁労長です。

乗組員の生命と生活、船主から船という財産を預かる船の最高指揮官で、乗組員から「船頭」「親父」「親分」などと呼ばれています。

億単位の金が動くマグロ漁。漁労長は、一旦判断を間違えれば莫大な損害をかけることになり、的確な漁場選択能力、データ分析、総営力、乗組員からの厚い信頼、そして強靭な体力と精神力が要求されます。


(文、写真提供:齋藤 健次氏)





 


戻る