まぐろ漁業ってなに?  一口メモ





トロを食べ始めたのは何時から?

昔は、トロの脂っぽさが日本人の舌になかなか馴染まず、食べるようになったのは大正以降。
トロの人気が本格的に高まりだしたのは、東京オリンピック後の昭和40年頃からです。

当時、鯨カツの給食など子供のころから脂っこい食事に慣れた世代が、大人になり、洋風の食事が定着。
淡白な味に慣らされていた舌が、トロの脂っぽさを旨さと感じるようになったからです。

インスタントラーメンが急速に一般化していったのもこの時期で、 トロとインスタントラーメンという両極端に
位置するような二つの食べ物が、同じ追い風を受けて人気を高めていったことになります。

                                                 (監修 齋藤 健次氏)


 

 

   


 


戻る